記事一覧

ハンドメイドルアーの材料と道具を爆買いしました。

こんばんは。

Tです。

自作ジャークベイトの外観や、細かいところにも手を加えて修正すべく、色々細々と道具を購入しました。

一個一個は大した事ないんですが、作成道具も何かと出費があるのです。

【リベットルーラー】

側線を付ける道具ですね。
今まで側線付ける時は、裁縫用のルーラーを使用していましたが、点々の間隔が広すぎて全然納得してませんでした、、、

かなり長い時間道具を探してましたがなかなかいいものがなく、ようやく見つけたのがコチラ。

北風舎さんのオリジナルリベットルーラー。
北風舎さんは模型作成プロショップ?みたいな感じでしょうか。

いいお値段でしたが、良いものを作りたいので!




【サーキットボード】

動きを良くするためにリップを極限まで薄くしたいので、今までの1mm厚に加えて、0.8と0.5を購入しました。

しかし流石に0.5は薄すぎたかもしれません笑
折れるなこれは笑



no.43には0.8を採用して問題なさそうでした!

【アイ(目)】

今まで、ありモノのアイシールを使用していましたが、これからは自作したいと思っています。
基本的には2D好きなので、自作もそこまで変わり映えしなそうですが、、、




ボディへの目の付け方を変えればより良くなりそうだ、という事に最近気がつきました。
ただシールを貼るだけではなく、ボディの目が入る部分を先にくり抜いといて、そこにシールを入れる形にすれば、より立体感が出るはずです。

【ポンチ】


アイ(目)を作成するためのポンチを新たに追加しました。今まで100均でいくつか買ってましたが、大きさと切れ味がイマイチでした。
作りたい大きさのポンチをネットで購入し、ポンチを研ぐ道具も入手。これでスパッとアイがくりぬけるはずです。
ちなみに追加したのはφ5.4と5mm。

【構造線(ワイヤー)】

ボディ内部のワイヤーも見直します。今はφ0.8のステンレスバネ線ですが、硬くて綺麗に丸く曲げられません。ルアーの使用に影響ないくらいのレベルには出来ますが、見た目にもこだわりたいので、曲げるなら完璧に曲げたい!



軟質のステンレス線をφ0.8/0.9/1.2で用意。よく0.8/0.9の軟質ステンレス線を使用されているのを見ますが、個人的には柔らかすぎて大丈夫かなー?と心配です笑 買って触ってみて分かりました。魚にワイヤーが切られることはないでしょうが、アイが曲がって動きが変わってしまうのが致命的でしょうね。 φ1.2でなんとかなるかなーという感じですが、余計な水抵抗が出来るのがデメリットですね、、、

試しに細いピアノ線も買ってみました。これはまず錆びないかを実験する必要がありますね。これだけ細くて強ければ、万が一使えたら革命が起こりそうです!


という感じで、細かい部分を良くしていきます!

では!

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

コメント

アイデアをカタチにするための道具への投資はおもいきりが必要ですよね。いざやってみて、あれ?ってなる事も多々あるし(笑)ウチはそんな道具たちがたくさんあります。

コメントありがとうございます

tommy さん

昨晩早速あれっ?てものが出てきました笑
ウチにも1回こっきりモノが沢山あります笑
なかなか直ぐに正解にたどり着けないのが悔しいですが、ますますハマってしまいますね(^^)いつになったら満足出来るモノが作れるのやら、、、

No title

こんばんは
道具も充実してきましたね。
ピアノ線、ウォーイーグルっていうスピナーベイトメーカーのアームがピアノ線って聞いたことがあります。
ただ、コーティングしてるようですが。

コメントありがとうございます

Rinさん

いきなり正解の道具に辿り着かない事が多いなーと感じます涙 今後もいろいろ実験しながら使いやすい道具を見つけたいです!
ウォーイーグル、ワイヤーによってどう違うのか試してみたいですね♪ 画像で見るにワイヤーそんなに細くないので、かなり強いのかもしれませんね!

コメントの投稿

非公開コメント